スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘玲『「読まなくてもいい本」の読書案内』(筑摩書房、2015)

橘玲『「読まなくてもいい本」の読書案内』(筑摩書房、2015)

進化論の発展から各学問分野にビッグバンが起こり、枠組みが変化していることを示した橘流サイエンスガイド。
パラダイム転換以後の考え方を知り、「それ以前」の本を「とりあえず」読書対象から外してしまおう(パラダイム認識ができたのちに読む)という提案です。

もともとリバタリアンを自称し進化心理学によるヒトの性質に注目していた著者だけに、大いに説得力があります。

目次では複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義の5項目が示されますが、実はこれらは「進化」の考え方を基礎にしつつ、相互に関連・発展してきたものだと。

ここに挙げられた新しい「知」
そして、旧来の学問の「死」

進化生物学が意識の謎を解き明かしたことから、哲学の役割は終わる。

人はなぜ老いるのか → 思春期に生殖能力を最大化するため
病気はなぜあるのか → ウイルスと免疫との"軍拡競争
神はなぜいるのか  → 脳のシミュレーション機能の自然への拡張

【本文より】
◯日本ではあいかわらず「文系」「理系」の二分法が使われていて、進化論は理系の世界の話だと思われているが、進化論はいま、社会学や経済学、心理学といった「文系」の分野にも拡張され、社会科学を根底から組み替えようとしている。(p.60)

◯1970年代になると、生き物の生態がゲーム理論で読み解けることがわかってきた。知能も感情もない生き物は進化論的に合理的な”機械”なのだから、「効用=自己の遺伝子の複製」を最大化する戦略をせっせと実行しているだけだ。(p.144)

◯ゲーム理論が超強力なのは、(生き物を含む)この世界がゲームの集合体だからだ。植物も、動物も、そして人間も、与えられた条件や環境の下で、自らの能力を最大限に使って利得(遺伝子の複製だったり、子孫の数だったり、お金の量だったり、幸福だったりする)を最大化しようとさまざまなゲームを行っている。(p.160)

◯ひとはものごころついたときから死ぬ瞬間まで、意識があるかぎり、「if... then...」の思考をひたすら繰り返している。仏陀はこの終わりのないシミュレーションを「煩悩」と呼び、修業によって「if... then...」の回路を遮断し、とらわれのないこころの静けさに至ることを目指した。(p.224)


スポンサーサイト

きだみのる『気違い部落周游紀行』(冨山房、1981)

えげつないタイトルで図書館でも貸出禁止になっていますが、中身は正統派社会学に連なるものです。

ファーブル昆虫記などの翻訳で知られる著者は戦前からフランス留学をした国際派。しかし敗戦のあおりで日本に「閉じ込められて」しまうことに。

それなら内部の探検だ!とばかりに八王子の古寺に居を構え、曰く「気違い部落」の愛すべき英雄たちの観察日記を雑誌連載。(曰く「珍らしい菌や昆虫の不思議な行動の観察と同じ」と。)そのまとめがこれです。

自ら漢籍、ギリシャ古典に詳しいというだけあって戦前知識人の重厚な、でありつつ諧謔を秘めた文体もなかなかに味わい深いものです。

一見知識人の傲慢にも思えますが、禅的反語で愛情の裏返しなのかもしれません。(続編がシリーズ化しています)


【本文より】

◯だがもし部落の勇士たちが、自己を常に中庸或は中道を歩き、その行動の基礎をなす判断は、一般の人がしかく思い込みたがるように、恰も常に謬りなく中正であると信ずる習慣を持って云云しているのだったら、彼らは殆ど存在しない中庸人の地帯上にあるというよりも、むしろ真実気違いに属する症状を示していると考うべきであろう。

◯思考の結果は極めて犀利な場合もあるが、思考を導く方法に欠陥がある場合には思考の病気を表すこともある。何れにもせよ、観察者に深い興味をそそることは、珍らしい菌や昆虫の不思議な行動の観察と同じである。

片田珠美『なぜ、「怒る」のをやめられないのか 「怒り恐怖症」と受動的攻撃』(光文社、2012)

精神科医が怒りの構造とあるべき対処を語ったもの。

副題にある「怒り恐怖症」は感情を押さえ込んでしまうことで、自己のこころを蝕む抑圧であるとしています。
が、それよりも。後段で豊富な事例が語られますが、「受動的攻撃」は実に迷惑なもので、過剰な仕事を要求する上司、指示を「忘れる」部下など表面を取り繕った静かな怒りが周囲を困らせる様子が見えてきます。

あわれな人格形成を背景として、自分の存在価値をアピールするために周囲をふりまわさずにはいられない人々。
この種の人に会ったら、「自分が間違っているかも」という卑下は禁物で、どんどんつけ込まれてしまいます。無自覚に自己を棚上げして相手に罪悪感を抱かせる者。

となりで聞いているこちらが恥ずかしくなるほど、自己正当化、相手に責任をなすりつける「交渉」しかできぬ役職者がそこら中にころがっているのは周知のとおりです。(とはいえ、「頭が良すぎて政治にたずさわらない人間は罰として自分より頭がよくない者に支配される」というプラトンの指摘もあり我々は戦わざるを得ません)


【本文より】

◯自分の欲求が全て常に満たされているわけではないにせよ、「欲求不満を心配してもらっている。だから、自分は愛されている」と信じて育った人間が、怒りを爆発させるだろうか?そんなことをする必要はないだろう!…そしてこれこそが、まさに怒りの核心にある問題ではないかと思うのである。

◯耐えがたい上司

◯不愉快な感情を他人に投げ入れる

◯受動的攻撃を繰り返す人の多くは、あらゆる状況で勝ちたいと願う。そのため他人の成功をねたみ、憤慨する。自分より恵まれているように見える人に対して、やっかみや怒りを抱くのだが、それを直接表現することができないため、受動的攻撃の形で出すしかない。

◯もし罪悪感を抱くように仕向けられたのだとすれば、受動的攻撃のサド-マゾ的な連鎖に巻き込まれているとみなすべきだろう。

片田珠美『正義という名の凶器』(ベスト新書、2013)

精神科医が社会の病理を語ったもの。『他人を攻撃せずにはいられない人』『プライドが高くて迷惑な人』で一般にも知られるようになった著者だけあって読ませます。職場の困ったさん、クレーマー、ネット炎上。歪んだ自尊心と正義感について。

役所内部にもこのような人々はごろごろと転がっており、屈折した自尊心、行き過ぎた正義感、人を使い潰す自己中心主義などが蔓延しています。

著者が指摘する、自らの「悪」を否認するための投影。嘘つきほど他人の嘘を指摘しののしるという事例。類似例があちこちに。

後輩さんが栄転ともなれば、本書含めて片田先生の著作すべてをもたせてあげようと思います。


【本文より】

◯ひとりよがりの「正義」を振り回す人のために迷惑したというような経験は、誰にでもあるのではないだろうか。

◯職場にもある「正義」の仮面をかぶせたいじめ

◯「正義」を振りかざせば、自分は相手を傷つけたいわけでも、うっぷん晴らしをしたいわけでもなく、ただ悪者をこらしめているだけなのだと思い込めるので、心地よい正義感に酔える。

◯困ったことに、客観的に見れば、ひとりよがりの正義感が暴走しているような場合であっても、「正義」を振りかざしている本人は、まったく気づいていない。それどころか、自分はあくまで正しいことをやっているのだと信じ込んでいるような人さえいる。

◯他人の「悪」をたたくとスッとするのは、それによって、「悪」が自分にはないかのようなふりをする、つまり否認することができるからである。

◯自分自身の「悪」を否認するには、外部に投げ捨てて他人に転嫁するのが最も手っ取り早い方法である。これは、「投影」と呼ばれるメカニズムであり、正義感を振りかざして、他人を激しく非難したり、批判したりする人にしばしば認められる。

◯自分にやましいところがあるほど「正義」の名のもとに「悪」を攻撃する

◯自分がうまくいかないのは、他の誰かが不正に恩恵を享受しているからだと他人のせいにすれば、自分の無能さに目を向けずにすむし、怒りを正当化することもできるので、一石二鳥なのである。

岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社、2013)

自由と幸福をめぐる哲人と青年との対話。

アドラーの(あるいは岸見先生の)立場では、自由とは組織からの解放ではなく、コスト(嫌われるリスク)を支払った上で自己を認めること。それは他者のために、承認欲求を満たすために生きる「人生の嘘」から離れることを意味しております。

すなわち、「幸せになる勇気」とは「嫌われる勇気」であるとの洞察。これが書名の由来です。
そして自己を自己として生きること、承認欲求を満たすための「他者の生」ではないそれは、自立した強さを要求するものでもあります。

幸福とは貢献感である、との洞察。しかし、承認欲求を通じて得た貢献感には自由がないとも指摘しています。意図した事業をやっているときの幸福、やがて規模が大きくなり客に媚びるようになったときの不幸を端的に言い表しております。

終盤、「いま、ここ」を生きることを説く哲人。禅そのものです。


【本文より】

◯過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。「いま、ここ」を真剣に生きていたら、そんな言葉など出てはこない。

◯人生における最大の嘘、それは「いま、ここ」を生きないことです。過去を見て、未来を見て、人生全体にうすらぼんやりとした光を当てて、なにか見えたつもりになることです。
あなたはこれまで、「いま、ここ」から目を背け、ありもしない過去と未来ばかりに光を当ててこられた。自分の人生に、かけがえのない刹那に、大いなる嘘をついてこられた。
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。