スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初代ポケモンVC】伝説ポケ・NPC交換ポケ厳選用メモ

【初代ポケモンVC】伝説ポケ・NPC交換ポケ厳選用メモ

■前提
・初代には「性格」がない
・個体値は1〜Fの15段階
 → 個体値のみの厳選でよい。

■対象
・伝説ポケ
・NPC交換のうち有用なもの

●ミュウツーLv70
249/180/152/208/241
表記順は HP/攻撃/防御/素早さ/特殊 以下同じ。

●フリーザーLv50
165/105/120/105/145

●サンダーLv50
165/110/105/120/145

●ファイヤーLv50
165/120/110/110/145

●ケンタロスLv30(青版のみ、ペルシアンと交換)
94/74/71/80/56
・NPC交換はこちらが出したポケモンと同じレベルになる。
・ペルシアンはニャースLv28で進化だが、このレベルではケンタロスの個体値が確定しないためLv30推奨。

●マルマインLv30(赤緑、ライチュウと交換)
85/44/56/98/62

●ルージュラLv30(赤緑、ニョロゾと交換)
88/44/35/71/71


■参考

NPC交換
鰓日記さん


個体値計算(スマホ版のほうが一覧で見やすい)
赤緑青ピカチュウ攻略さん
スポンサーサイト

【初代ポケモン】 「いかりのまえば」の可能性

■概要「いかりのまえば」
・相手のHPを半分にする。
・ノーマル技だが、ゴーストタイプにも効果あり。
・ラッタ系のみが習得

■運用
「いかりのまえば」で相手のHPを半減させて後続へつなぐ
※本来ノーマル技が無効のゴーストタイプにも当たる

(1)先制できる相手(素早さ種族値97未満)
 ・いかりのまえば → はかいこうせん
 ・主なものは、フリーザー、カイリュー、ナッシー
 
(2)先制できない相手(素早さ98以上)
 ・いかりのまえば → でんこうせっか
 ・該当するのは、素早さ100族(サンダー、リザードン、ドードリオ)以上

(3)ゴーストタイプ(ゲンガー)
 ・いかりのまえば → 特殊技
 ・ノーマル技が無効
 ・いかりのまえばのみ例外で有効

■ラッタの防御性能
・種族値 HP55 攻撃81 防御60 素早さ97 特殊50
・レベル100での最大値 HP313 防御218 特殊198 
 ※個体値、努力値が最大のとき

最強Wikiさんによると平均1発となる技の威力は
・物理耐久力 87,300
・特殊耐久力 79,300

想定される攻撃技の威力
・攻撃力×技の威力×(1+急所率)×タイプ補正

〈物理〉ラッタの耐久力 87,300
85502 ドードリオ、はかいこうせん【耐える】
81466 ケンタロス、はかいこうせん【耐える】
94187 ゲンガー、自爆 ※カビゴン、ナッシー、ミュウツー等はこれ以上の威力
85698 マルマイン、自爆【耐える】

→ ラッタ程度に相打ちじばくは考えにくいので、基本的に耐えるものと考える。


〈特殊〉ラッタの耐久力 79,300
73665 ファイヤー、だいもんじ【耐える】
73038 フリーザー、ふぶき【耐える】
72704 ドククラゲ、ハイドロポンプ【耐える】
68732 ミュウツー、サイコキネシス【耐える】

→ 特殊技は耐える前提でよい。先制ふぶきで凍らされる事故がある程度。


■まとめ
・以上より、ラッタは相手の攻撃を一発は耐えうるものと考えられる。
・相手が遅ければ、「いかりのまえば → はかいこうせん」で体力を半分以下にできる。
・相手が早い場合は、「いかりのまえば → でんこうせっか」で体力を少なくとも半分にできる。
・例外として、相手がゴーストタイプの場合は「いかりのまえば」しか有効打がない。(「ふぶき」「10まんボルト」を習得可能だが、威力は期待できない)
・構築は「いかりのまえば」「はいかいこうせん」「でんこうせっか」+特殊技何か(ゴーストタイプ用) ※いっそ「なみのり」等にして移動用を兼ねてもよい。


参考
http://www58.atwiki.jp/pocketmonster_syodai/pages/56.html

初代ポケモン 一撃必殺パ

初代ポケモン 一撃必殺パ

2016.2.27はポケモン20週年で初代のVC配信とのことでロマンあふれるパーティ考察
「極める本」ではだいばくはつパーティが紹介されていたので、ロマン度で匹敵する一撃パーティを探ります。

■一撃必殺の仕様
・命中率30%
・ただし、相手より素早さが低いとそもそも当たらない
・素早さについては、「こうそくいどう」や「でんじは」などでの変化後の数値が参照される。

■一撃必殺の種類
「つのドリル」「じわれ」「ハサミギロチン」の3種類
習得するポケモンは27種類(最終進化系+ハクリュー)

■ポケモン

(1)素早さ種族値100以上の4体 → ほぼ問題なく運用できる
 ・ダグドリオ(120、じわれ)
 ・ケンタロス(110、つのドリル、じわれ)
 ・ギャロップ(105、つのドリル、こうそくいどう)
 ・ミュウ(100、つのドリル、じわれ、でんじは)
 ・リザードン(100、じわれ) → 基本的にはギャロップの下位互換

(2)80−90台の6体 → 下位互換、特に起用する理由なし
 ・ガルーラ(90、じわれ) → ケンタロスの下位互換
 ・カイロス(85、ハサミギロチン) → 取り立てて素早いわけでもなく、他にまともな技がない
 ・ニドキング(85、つのドリル、じわれ)→ 取り立てて素早いわけでもなく、ステータスも低い
 ・アーボック(80、じわれ)→ 取り立てて素早いわけでもなく、ステータスも低い
 ・カイリュー(80、つのドリル、こうそくいどう、でんじは) → 高ステだが、こおり4倍で打たれ弱い。ハクリュー(素早さ種族値70)で同じことができる。

(3)変化技持ちでワンチャンス
 ・ハクリュー(70、つのドリル、こうそくいどう、でんじは) →ステ低いがふぶき習得可能
 ・アズマオウ(70、つのドリル、こうそくどう)

(4)その他 一撃パ以外の用途向き
 ・ヤドラン(30、じわれ、でんじは) → そもそもの素早さが低いので、でんじはで相手を遅くしてもきつい


■まとめ

以上見てきたように、一撃技もちだけで組むには数が不足しますが、どうしても組むならこのあたりがよさそうです。(隠しキャラのミュウは別枠とし、カイリューかアズマオウと入れ替え)

 ・ダグドリオ(120、じわれ)
 ・ケンタロス(110、つのドリル、じわれ)
 ・ギャロップ(105、つのドリル、こうそくいどう)
 ・カイリュー(80、つのドリル、こうそくいどう、でんじは) 
 ・ハクリュー(70、つのドリル、こうそくいどう、でんじは) 
 ・アズマオウ(70、つのドリル、こうそくどう)
〈ミュウ(100、つのドリル、じわれ、でんじは)〉



■参考
ポケモンwiki つのドリル

>>301の初代ポケモン最強対戦まとめwiki


■メモ その他、一撃技を習得できるポケモン

 ・カメックス(78、じわれ)
 ・ニドクイン(76、つのドリル)
 ・キングラー(75、ハサミギロチン)
 ・イワーク(70、じわれ)
 ・ジュゴン(70、つのドリル)
 ・ニョロボン(70、じわれ)
 ・サンドパン(65、じわれ)
 ・ラプラス(60、つのドリル)
 ・カイリキー(55、じわれ)
 ・ガラガラ(45、じわれ)
 ・ゴローニャ(45、じわれ)
 ・サイドン(40、つのドリル、じわれ)
 ・カビゴン(30、じわれ)
 ・ベロリンガ(30、じわれ)


■攻略本

当時珍しかった対戦攻略本。大爆発パーティなどサンプル例もおもしろいところです。





初代ポケモンVC配信

2016.2はポケモン20周年記念でvc配信だそうです。

単純に遊ぶなら完全版のピカチュウバージョンがよいのですが、「捕まえられないポケモン」がいます。

そこまでやらないと思うけど、対戦での強キャラ、ペルシアンが出てきません。さらに初代最強とされるケンタロスの捕獲もサファリゾーン限定でなかなか大変です。(青版だとNPC交換で手に入る)

ピカチュウ版と青版を揃えればケンタロス、ペルシアンはゲットできます。が、それでも電気タイプ1.5軍のエレブーが入手不可。(これは赤版のみ)

配信価格は一本1,000円程度なので買い揃えてもよいのですが、交換も楽しみつつ適度に遊ぶなら2本買うくらいかなと。

■組み合わせ
赤+緑→図鑑完成できる。一方で、ケンタロスなどサファリゾーン系の捕獲が大変。

ピカ+青 → 御三家が揃う+ケンタロスが交換で入手できる。一方で、図鑑完成は不可。


■ピカチュウ版
→御三家が全て仲間になる

●出ないポケモン
ニャース・ペルシアン★
ブーバー
アーボ・アーボック
エレブー★
ビードル・コクーン・スピアー
ドガース・マタドガス
ルージュラ
ライチュウ

■青版
→ケンタロスがNPC交換で手に入る

●出ないポケモン
ロコン・キュウコン
マダツボミ・ウツドン・ウツボット
ブーバー
アーボ・アーボック
マンキー・オコリザル
エレブー★


2015.12.26追記

■ニンテンドー2DS同梱版が予約開始となりました。
青版はポケセン限定(送料800円)、他はネット予約できます。

ピカ版(転売が出ていますが、タイミング次第で本家の予約リンクが復活します)



赤版



緑版

【攻略本】『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団 白犬隊 完全攻略マニュアル』(株式会社メディアソフト、2015)

2015.7.11発売の「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団・白犬隊」の攻略本。

非公式の最速攻略本とのことで、ビジュアルはなく妖怪ごとのデータが並んでいます。

HP、ちから、ようりょくなどの項目別に6段階評価、星の数で示されています。例えばSランクの強キャラ「ジバニャンS」なら「HP ★★★★」「ちから ★★★★★★」といった風で目安程度にはなります。

レベルアップで覚える技が一覧できるのは便利。

ですが、妖怪の50音順の索引はあるものの、わざやスキルの索引はなし。「疾風ステップを覚える妖怪を探したい」「アイテムドロップ率の上がるスキルのある妖怪を探したい」場面では使えません。

アイテム合成や隠しキャラが伏せられているのは発売時期の問題で仕方ないにしても、これはいただけません。

ビジュアルなしで一覧性が良いだけに、スキル、わざの索引さえあればと悔やまれてなりません。





■ソフト

赤猫団




白犬隊

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。