片田珠美『なぜ、「怒る」のをやめられないのか 「怒り恐怖症」と受動的攻撃』(光文社、2012)

精神科医が怒りの構造とあるべき対処を語ったもの。

副題にある「怒り恐怖症」は感情を押さえ込んでしまうことで、自己のこころを蝕む抑圧であるとしています。
が、それよりも。後段で豊富な事例が語られますが、「受動的攻撃」は実に迷惑なもので、過剰な仕事を要求する上司、指示を「忘れる」部下など表面を取り繕った静かな怒りが周囲を困らせる様子が見えてきます。

あわれな人格形成を背景として、自分の存在価値をアピールするために周囲をふりまわさずにはいられない人々。
この種の人に会ったら、「自分が間違っているかも」という卑下は禁物で、どんどんつけ込まれてしまいます。無自覚に自己を棚上げして相手に罪悪感を抱かせる者。

となりで聞いているこちらが恥ずかしくなるほど、自己正当化、相手に責任をなすりつける「交渉」しかできぬ役職者がそこら中にころがっているのは周知のとおりです。(とはいえ、「頭が良すぎて政治にたずさわらない人間は罰として自分より頭がよくない者に支配される」というプラトンの指摘もあり我々は戦わざるを得ません)


【本文より】

◯自分の欲求が全て常に満たされているわけではないにせよ、「欲求不満を心配してもらっている。だから、自分は愛されている」と信じて育った人間が、怒りを爆発させるだろうか?そんなことをする必要はないだろう!…そしてこれこそが、まさに怒りの核心にある問題ではないかと思うのである。

◯耐えがたい上司

◯不愉快な感情を他人に投げ入れる

◯受動的攻撃を繰り返す人の多くは、あらゆる状況で勝ちたいと願う。そのため他人の成功をねたみ、憤慨する。自分より恵まれているように見える人に対して、やっかみや怒りを抱くのだが、それを直接表現することができないため、受動的攻撃の形で出すしかない。

◯もし罪悪感を抱くように仕向けられたのだとすれば、受動的攻撃のサド-マゾ的な連鎖に巻き込まれているとみなすべきだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
モチ好きな祖父に名付けられた本名です。

手ぶら通勤おじさん

SFと古典
ポケモン&ガンプラ


2017.10 ガンプラに目覚める。ミニマリスト廃業。
2017.5  ミニマリストに目覚める。
2004〜プリストンテールやってました。2009がピーク。

ガンプラ・ゲーム垢 https://twitter.com/moccinag
まじめ垢 https://twitter.com/mocciom
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード