スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳田聖山『ダルマ』(講談社、昭和56 ; 人類の知的遺産16)

柳田聖山『ダルマ』(講談社、昭和56 ; 人類の知的遺産16)

著者は大正生まれの仏教学者で、大谷大で真宗学を専攻、のち京大教授に。
本書では禅の初祖ダルマの人物と思想に迫っています。

第3部「ダルマの思想」と題する敦煌本「二入四行論長巻子」の翻訳と解説がメインですが、ここに至るまでに唐代以前の中国仏教と禅宗の広がり、ダルマの伝記の変遷に言及しており興味深いところです。
(「敦煌本」とは1900年出土の文献群で、伝来の仏教経典との異同が当時の研究課題になっていたとの由です。)

禅の受容の過程で特に興味深いのが中国禅との差異で、室町以降の日本臨済宗、日本曹洞宗は当時の中国の最先端の禅とはかなり異なっていたようです。

明末の混乱を経て日本に逃れた隠元禅師、「臨済正宗」を称するも室町以降の日本臨済宗とはなじまず、やがて将軍家から黄檗山万福寺を与えられ、独自の教派として黄檗宗を成立させています。同様にして曹洞宗の心越禅師が渡日するも、同じく道元以来の日本曹洞宗とはなじまず、この黄檗宗へと吸収されていきます。

かくして明末における中国禅の最先端は黄檗宗に結実し、日本禅宗の新たな一分野へ。

他、ダルマの伝記では、初期経典でペルシャ人とされていたダルマが「南天竺の人」と変容していく過程に迫り、初期禅門における権威づけの必要性に迫っています。


【本文より】
○こうして、『洛陽伽藍記』のいう波斯の胡僧より、ダルマは南天竺の人に変わる。南天竺は、ブッダの正法眼蔵を伝える新大乗の根拠地である。(p.104)

○心は、おちつくも、おちつかないもないのである。探しても見つかりません、心を求むるに不可得とは、たんに心が見つからぬという、絶望の言葉ではなしに、自分の心の本質を言いあてた、自己確認である。(p.108)

○「修行のめあてとして、何を法とすればよろしいか」
「悪をみてもことさら嫌わず、善をみても進めず、愚をすてて賢をとらず、迷いを払って悟りを求めず。大道に達するが、大道には数量がない、仏心に通ずるが、仏心には限度というものがない。凡にも聖にも足あとをのこさず、超然としてあるのを、祖と名づける」(p.112)
スポンサーサイト
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。