スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか』(三一書房、1978)

金一勉『朝鮮人がなぜ「日本名」を名のるのか』(三一書房、1978)

朝鮮生まれの評論家が戦前から刊行当70年代までの「朝鮮人」のありようを語ったもの。自身朝鮮人であるとの誇りを持ち、その立場から堂々と朝鮮人らしくあれ、擬似日本人になるな、と呼びかけています。

明治時代の日本に亡命した朝鮮知識人、併合後の朝鮮人労働者、「創氏改名」、日本の敗戦と朝鮮の解放、帰化、芸能、2世3世の同化傾向と幅広のテーマを取り扱っています。

著者は民族をひとくくりに朝鮮人としていますが、歴史的にはややこしいところで、帝国時代に朝鮮籍であった者が韓国成立後に韓国戸籍に記載されると「韓国」籍となりましたが、手続きせずそのまま「朝鮮」籍となっている者も現存します。北朝鮮国籍ということではなく、いわゆる大日本帝国の朝鮮戸籍に記載のあった者であり、事実上、無国籍の状態です。

本書では就職先に戸籍を提出できずに大手に入社できない、などのエピソードが出てきますが、現代でも事情はかわらず、戸籍がないと身元証明書が発行できず役所で揉めたり、会社に韓国籍だと知られたくないから住民票の本国名を消せともめたり根が深いものです。

危なげなタイトルですが、きだみのる「きちがい部落」シリーズと違って図書館で貸出禁止にならない理由があります。

政治色が強く、日本人評論家がなかなか言及できないテーマですが、著者は同胞とあって自己の見解を明言しています。

【本文より】

◯在日朝鮮人が、「日韓併合」以来、その奪われた民族の主体性を取り戻すための一つの方法として、日本名(通名)ではなく、朝鮮名(本名)を名のるというのは本質的に正しい。」

◯在日朝鮮人の「日本名」 − その極端な場合は、当人が朝鮮人(あるいは韓国人)でありながらも日本人のように振舞うことさえある。それ故に外見だけで朝鮮人(韓国人)だか日本人だかわからないこともある。つまり、二つの顔を持った怪しげな存在となる。[中略]それだけに、それは二重写しのぼやけた人間像として曖昧な謎を残したり、情況によっては偽称の種になったり、変身の隠れみのにもなるのだった。

◯芸能評論家の某氏は言っている。「ファンは張本勲選手や吉屋潤が『朝鮮人』だからといって、差別や偏見の目では決して見ない。そのプレーに日本人と同じ声援を送っている。かれらは朝鮮人であると主張することによって、差別や偏見とは無縁の、日本人と同じところに生きているのである。そのひとことからもわかるように、日本人の大部分は、朝鮮民族に差別感情など抱いていない。ただ、かれらが誇りを棄て”擬似日本人”になろうとするとき、うさんくさい目を向けるだけである」

◯日本の進歩的な評論家・竹中労は、朝鮮人の若者たちの自己喪失の姿に対して、次のような痛烈な忠告を述べている。
 「差別と偏見、それは、君たちが朝鮮人として、より正確に言えば擬似日本人として、私たちの国に生きているためなのだ。…くりかえして言う。同化しようとすれば、かえって差別は深刻になるばかりだ。朝鮮人であることを隠したり、日本人もどきの朝鮮人であろうとすることは、自らの劣等を認知することである…」
スポンサーサイト
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。