チャールズ・ペレグリーノ『ダスト(下)』(ヴィレッジブックス、2002)

チャールズ・ペレグリーノ『ダスト(下)』(ヴィレッジブックス、2002)

バイオSF

昆虫の大量絶滅による環境変化、食糧不足、またたく間に社会経済は崩壊し…
生き残った科学者たちは古代の琥珀から昆虫のDNAを採取、復活と環境改善に挑む。

一方でテレビ伝道師ジグモンドの狂信者たちは科学者の諸悪の根源として圧迫を強める。

地球規模の危機、限られた時間の中で役目を果たす科学者の生き様はハードSFの魂です。

巻末40ページにわたり「著者あとがき」として作内設定のリアリティチェックの整理が行われています。

【本文より】

◯「昆虫たちは、先にこの星にやってきた。そして人間たちがこの星にやってくるための下準備をしてくれたんだ」
 コヘアはうなずいた。
 「そしていま昆虫たちは、人間たちがこの星から退場するための下準備をととのえているわけさ」

◯地域生態系は、休戦によってのみ成立している。この休戦状態を持続させるものは、なにも考えず、なにも感じない地質学的な同意のみだ。

◯《こうするほかはなかった》ジグモンドはおのれを安心させた。《秘密を知るものが四人になっても、秘密を守ることは不可能ではない ー そのうち三人が死ねばいいのだから》

◯この点をもっとも端的にいいあらわしていたのは、シャロンが一番好きな叔母が結婚二十五周年の祝いの席で漏らしたひとことだろう。
 「あのね、シャロン。もしあのろくでなしを二十五年前に殺していたとすれば、十四年前には善行特典で刑期が短縮されて、刑務所から出られたはずなのよ」




■(上)は人物設定と前フリ 記事


スポンサーサイト
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード