生田哲『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社、2010)

生田哲『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社、2010)

はやりのビタミンCオーバードーズ法の根拠となるもの。

怪しい書名ですが、米国で分子栄養学を修め薬学博士となった著者がここ100年あまりのビタミンCの研究史をひも解き、発見と批判、批判説の再検証を経て効果ありと断じる内容になっています。

簡単なまとめ
・薬理学におけるビタミンCの摂取量目安は「壊血病を防ぐための最低基準」であり、健康を保つための水準ではない。
・ビタミンC大量摂取の副作用として下痢になることがあるが、その基準は「腸管耐容量」で決まり、カゼや病気になったときには基準値が上がる(大量に摂取できる)
・健康体のときは、1日あたり4−15gを4回に分けて摂取。軽い風邪なら30−60gを6−10回に分けて摂取すべき。

副作用もなさそうなので試してみたところ、カゼのひきはじめ〜復活を1日でこなすことができました。
(2〜3時間おきに1gのビタミンCを摂取)
自分の場合、数日にわかって症状を引きずることが多いので、なんとなくの効果を感じています。
カゼで耐容量があがっていると思えば、1時間おきにしてもっと摂取してもよかったように思います。

木曜日 20:00 喉に違和感を感じる
金曜日  6:00 微熱37.0〜 + 関節痛、頭痛
    12:00 上昇 37.5〜 + 関節痛、頭痛
    19:00 上昇 37.7〜 + 関節痛、頭痛   
土曜日  6:00 平熱 36.0 以降、ぶり返しなし

【本文より】
◯ビタミンCを今の1000倍の量摂り入れれば、人生のQOLが革命的に上がること。本書はその方法について解説したはじめての本です。

◯ビタミンCの効果のカギは摂取量にあったのです。薬理学的にいうと、「血中濃度」の差です。

◯ビタミンCをミリグラム単位で摂取していたのでは、”壊血病を防ぐ”ことはできますが、ヒトが”最適な健康を維持する”にはまったく不十分なのです。

◯健康 = 「酸化をどう防ぐか」

◯「満タン状態」なら病気にならない





■ビタミンCは1kgで1500円くらい。
 私は自宅用、職場用を買って常用しています。


スポンサーサイト
プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード