MB『最速でおしゃれに見せる方法』(扶桑社、2015.9)

MB『最速でおしゃれに見せる方法』(扶桑社、2015.9)

学生時代からアパレルに従事し、店舗スタッフ、店長、本社企画を経てバイヤーとなった著者による「ファッションの教科書」。

冒頭で語られるように、若いころの「ファッションはセンスと言いながら”おしゃれだ”と評価される人は共通、ならばそこには理論があるはずだ」との着眼から年月を重ねて大量の資料を蓄積、実務の傍ら研究を深め、ここに結実します。

「あの頃の自分に教科書として読ませたい」という強いモチベーション、著者の動機としてこれほどのものはありません。

おしゃれには理論がある、との観点からユニクロなども積極的に活用する著者ですが、少し前に出た大山旬『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』(ダイヤモンド社、2015.6)よりも理屈が強め。後者がセンスで白デニムをプッシュするのに対し、こちらは色の理論も駆使して軽い色である白がボトムに来るのは不自然、として黒スキニーに黒シューズを推しています。

何にせよ、これまで暗黙知とされていたセンスについて一定の理論として開示されたことには大きな価値があります。

あいまいな評価基準に振り回される若手ビジネスマンが出世の仕組みを知った時のような、爽快な読後感。

【本文より】

◯日本人のファッションはアメカジに寄りすぎている

◯「センス」ではなく「ロジック」が必要

◯「欧米人のセンスには敵わない」のであれば、そのセンスを「論理的な法則」として理解すればいいだけです。

◯服は「ボトムス」から揃える

◯コーディネートの印象はパンツとシューズで7割が決まる

◯多くの人は「おしゃれ=他人と違って目立つ」ことだと勘違いしていて、おしゃれを目指す人は目立つ服装をしたがります。(中略)派手で目立つデザインはカジュアルに寄りすぎてしまい、「不正解」へと近づく一因になっていることを理解しましょう。

◯実は、長く使えるアイテムとは、「めちゃくちゃかっこいい!」と単品で惹かれる洋服よりも、「強烈に惹かれはしないけど、悪いところがない」ものだったりします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード