片田珠美『「自分が絶対正しい!」と思っている人に振り回されない方法』(2015、大和書房)

片田珠美『「自分が絶対正しい!」と思っている人に振り回されない方法』(2015、大和書房)を読む。

『他人を攻撃せずにはいられない人』『プライドが高くて迷惑な人』が評判を呼んだ精神科医の新作。

己の人生をこれらの攻撃者から守るために、病識なき悪人、しかも「俺は絶対に正しい」との観念を抱いた始末に負えぬ人格破綻者をどうあしらうべきか。病理構造と対処法が語られています。

あるあるすぎて泣けてくるほど、急場に間に合う内容、まさに人生の攻略本といえましょう。

職場を崩壊させるアスペさん、部下を病気にするクラッシャー上司。旧帝大の落ちこぼれとバカ大の上澄みが机を並べる役所では複雑なコンプが渦巻いています。

病識を持たぬ悪人が「私が常識だ」とばかりに大手を振って暮らす暗黒の世、自分を守るのは自分だけとの覚悟を定め、かくて研究は深まっていきます。

【本文より】
◯世の中には「自分が絶対正しい」と思い込み、周囲の意見などまるで聞かない人が本当に大勢います。[中略] 「自分は常識人」と思い込み、価値観が合わないと「あの人は非常識だよね」「モラルがない」と文句を言う人/ 自分の知識や経験だけが「正しい」と信じ込み、他人が持ってきた情報や意見には「それって違うよ」「本当はそうじゃないんだよ」と上から目線で否定する人

◯きっとあなたの周りにも「自分の意見を通すために、すぐに怒る」という人が一人や二人いるはずです。/これはまさに利得型の得意パターン。/彼ら、彼女らは「怒れば周りが言うことをきく」ということを経験的に知っているのです。

◯自分が持っている経験というレモンは甘いが、若造が持っている知識というブドウはすっぱいに決まっている、という論法です。/「自分の価値が上で、相手が下」という構造を作りたがるのも自己愛型の際立った特徴です。

◯"病識"のない人に自覚を促すのは無意味

◯精神医学では「自分は病気である」という自覚を"病識"と呼んでいますが、「自分は被害者なんだ」と思い込み、他人を攻撃する人にはこの病識が不足しています。[中略]病識のない人、つまり加害者なのに被害者だと思い込んでいる人に「あなたは間違ってますよ」「あなた自身が加害者なんですよ」と気付かせることはほとんど不可能です。


◯ここで何より大事なのは、あなた自身が被害者にならないことであって、相手に「あなたは加害者だ」と気付かせることではありません。

◯わざわざ訴えるのは、そこに「否認と羨望」の心理が潜んでいるからです。/「自分には学歴がない」という事実を否認したいがために、「学歴なんて関係ない」と主張せずにはいられないのです。[中略]コンプレックスがある人ほどその部分を否認したいばっかりに「これは絶対正しい」「これは間違っている」と極端な思考に陥りやすいといえます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード