玉川重機『草子ブックガイド』(2011)

興味深い本好きマンガを発見。

玉川重機『草子ブックガイド』(2011)
本好きで内気な女子中学生、情熱がありながらも教科担任の仕事も抱え思うに任せぬ司書教諭、博識な古書店老店主、店主の人柄に惚れた本好き青年とキャラ立ちもしています。

歴史マンガの『センゴク』で竹中半兵衛がロウソクの明かりで兵書の山に囲まれ、静かに読みまくるシーンもなかなか来るものがありますが、こちらは全体の雰囲気で押してきます。

わりと前半のエピソードで、老店主と青年の出会い。好きな作家にまつわる本を読み尽くしてしまった青年は、たまたま旅先で出会った老店主の古書店をのぞく。「ここにもないか」とつぶやき店を立ち去ろうとした青年を呼び止める老店主。「時間はあるか?少し待っとれ」。老店主は二階スペースに作家にまつわるコーナーを組み上げる。青年にとって、すでに読んだはずの本が全く新しいつながりをもって立ち現れる。読書の広がり、知識の連環。青年は旅を中断し、老店主のもとで働き始める。

【アマゾン内容紹介】
内海草子(うつみそうこ)は本を読むのが好きで好きでたまらない中学生。いつも本を読んでいて、本の中の世界にひたっている。内気で、他人と打ち解けるのが苦手な草子にとって、古書・青永遠屋(おとわや)の店主は良き理解者。読んだ本の感想を描いた草子の「ブックガイド」が、店主を喜ばせ、さらには周囲の人々に本を読むことの素晴らしさを伝える。濃密な絵柄で、読書の魅力を最大限に表現する。
http://www.amazon.co.jp/dp/4063870448
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード