スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竺沙雅章『范仲淹』(白帝社 、1995)

竺沙雅章『范仲淹』(白帝社 、1995)

近世中国史で著名な元京大教授による評伝。

宋代中期を支えた名臣、范仲淹について網羅的に解説。五代十国の乱世から太祖趙匡胤による統一。南方王朝の滅亡に翻弄された父母、養父。

范仲淹は宋の三代目、真宗の頃に科挙に及第。おもに仁宗の代に活躍。トップ合格の状元ではなかったものの、諫言を行う言官としての気骨、また政争のあおりで地方に出された杭州知事時代の治水の実績から世の士大夫に認められるように。後世には辺境防衛の功で知られます。

のちに「朋党の争いは范仲淹のともがらに始まる」とされましたが、正義感の強い、扱いにくいおじさんだったようです。

首都開封府の長官となった40代後半の仲淹、人事を壟断する宰相・呂夷簡と争う。

引用
「皇帝は官僚の昇進の遅速等を知るべきであり、近臣の任免をすべて宰相に委ねてはならないと主張した。さらに具体的に、官品ごとにまとめた官僚の一覧表『百官図』を作成して、序列どおりの昇進か、順序を飛び越えた任用か、公正なものか情実の人事かを、一目でわかるようにした。そのため、夷簡はますます彼に対して、不快感を持った」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。