スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハインライン『夏への扉』(早川書房、2010)を読む。

よくブックオフの100円コーナーに並んでいたり、猫好き小説にあげられてたりするので舐めてましたが正統派SFです。

結婚直前に全てを失ったダンは愛猫「護民官ペトロニウス」通称ピートとともにコールドスリープに入り全てを忘れることに。
背景がややこしいのですが、本作は1957年に1970年を舞台にして書かれており、さらにその未来に向けてコールドスリープ、つまり一方通行のタイムワープをするお話。

あまりややこしくないので、SF好き、設定モノ好きなら一気読みできます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。