スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pha『しないことリスト』(大和書房、2015)

Pha『しないことリスト』(大和書房、2015)

京大卒、「日本一のニート」こと現代の高等遊民Phaさんの人生論。

子供の頃からやる気がなく疲れやすい体質だったという著者は、新卒で一旦就職するも、毎日同じ時間に起きて出勤する暮らしに違和感を覚え、28歳のときに退職。無職のまま上京し、プログラミングしたりシェアハウスをやってみたりとゆるく暮らすことに。

収入は何分の一になったものの、自分の生活スタイルと体質にあった暮らしで人生のクオリティは上がったといいます。

アウレリウス『自省録』にもあるように、こういう暮らし方もある、と知り自分の「最低ライン」を下げることで、心理的に避難場所を持つことができそうです。

【本文より】

◯今はほとんどの「しなきゃいけないこと」を捨てて、自分のしたいことと生きるのに最低限のことだけをして、「あまり社会と関わらず、のんびりと毎日寝て暮らす」という、自分で考える限りで最高にラクな生活を送っている。

◯家が快適かそうでないかという問題よりも、家の維持費にお金を取られて労働しなきゃいけないほうがキツい。

◯「がんばるのは無条件でいいことだ」という精神論をまず捨てよう。がんばることもいいけど、それよりも一番いいのは「がんばらないでなんとかする」ということだ。

◯人生はそんなマゾゲーじゃない。大体、そういうことを言う人は、その人自身が「つらいことに耐えてがんばる」というのが好きなだけで、単に個人の性癖だ。

◯会社を辞めることを決断したのも、「辞めるなら早いほうがいい。この先何十年もこの会社で働き続けるなんて自分には無理だし、そんな先まで生きているかわからない。来月死んだら死ぬ間際に、今仕事をやめなかったことを後悔するだろう」と考えたのが決め手だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。