江上剛『会社という病』(講談社、2015)

江上剛『会社という病』(講談社、2015)

元銀行員の著者がその経験を踏まえつつ、銀行組織を通じて「会社という病」の構造に迫ったもの。

支店営業から業務部を経て、長く人事部人事グループに勤めた著者だけあって、「人事」「出世」「派閥」「経営企画」などの切り口から社内エリートの構造と彼らの意識に踏み込んでいます。

出世や社内の勝ち組に対して皮肉な視線を向けていますが、著者自身のちに都内支店長や本部次長を務めたそれなりの勝ち組です。(総会屋事件もあり49歳で早期退職しているとはいえ)

ただの敗残者が「役員なんぞになれなくてもいいや」というのと、現実に役員に手が届く位置にある人がゆえあってそれを回避するのとはまったく意味合いが違ってきます。

【本文より】
◯なぜこんな信じられないような事件が頻発するのか。答えは一つ。社員が疲れきっているからだ。会社でストレスが無いのは経営者だけだ。社員は誰もが「助けてくれ!」と悲鳴をあげている。

◯長くサラリーマン人生を送ってきた者として、できるアドバイスはただ一つ。出世なんかするな − だ。

◯世の中の上司にはいろんなタイプがいる。中でも最悪なのは、部下を育てようとするタイプだ。上司にその能力があればいいのだが、その力もないくせに部下を自分色に染めようとする。これは最も始末が悪い。

◯バカ上司からは逃げろ。もしくは大声で戦え。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード