ムック本「機動武闘伝Gガンダム 月刊ホビージャパン4月号別冊」(H7.4.1)

ホビージャパン95年4月の別冊。
Gガンダム終盤にキットを振り返る。





写真てんこ盛りで各種スケールの作例、改造手順を解説。


巻末では編集氏とバンダイ川口名人が口を揃えてマスターアジアの功績を語る。

どうも序盤はプラモの売れ行きが思わしくなく、夏に師匠が参戦してからマスターガンダム、シュピーゲルと売れ出したらしい。




フルスクラッチのマイナー機体や、当時キャンペーンで募集されたオリジナルMFも興味深い。


■塗装デザイン
「ガンダムローズ式典用」がシックで素晴らしい。



ほかマックスター、シュピーゲルのミリタリー仕様
第2次大戦イメージの迷彩ボルトVSシュピーゲルのジオラマとか。


■マイナー機体

Bクラブさんのガレージキットやフルスクラッチ品がこれでもかと!

中でもネオネパール「マンダラガンダム」が圧巻。
釣り鐘を木材+プラ、数珠部分をネックレス素材をつなぎ成型。



そのほかこんなのが。

ネオシンガポール「アシュラガンダム」

ネオインド「コブラガンダム」(フルスクラッチ)

ネオポルトガル「ジェスターガンダム」

ネオカナダ「ランバーガンダム」

ネオイングランド「ジョンブルガンダム」



■ホビージャパンによるオリジナルMFコンテスト入賞機体

ネオインドネシア代表「バロンガンダム」(平坂和弥氏デザイン)

技名「バロン神の怒り」とあるように、インドネシアの聖獣バロンをモチーフにしています。wikiに獅子舞のような画像がありました。







ネオタイランド代表「ルンピニーガンダム」(木俣一夫氏デザイン)

首都バンコクに「ルンピニ公園」というのがあるようです。
機体はムエタイモチーフ。




ネオグリーンランド代表「スノー・ミラージュガンダム」(相原善行氏デザイン)

雪、蜃気楼でそのままグリーンランドのイメージでしょうか。
雪をイメージした機体との説明。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
モチ好きな祖父に名付けられた本名です。

手ぶら通勤おじさん

SFと古典
ポケモン&ガンプラ


2017.10 ガンプラに目覚める。ミニマリスト廃業。
2017.5  ミニマリストに目覚める。
2004〜プリストンテールやってました。2009がピーク。

ガンプラ・ゲーム垢 https://twitter.com/moccinag
まじめ垢 https://twitter.com/mocciom
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード