FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚本靑史『斗宿星』『裂果』

春秋時代末期のお話。

『斗宿星』は姜斉から田斉への転換、『裂果』は晋の三分の過程を描く。ほぼ同時代で共通する登場人物も多い。

同時代の作品を多く描く宮城谷氏よりも描写が細かく、知るほどに面白い作者。wikiを眺めながら読むと没頭できる。

■斉

封神演義にも登場する太公望呂尚が建国
覇者となった斉桓公や管仲・鮑叔、孔子と同時代の宰相晏嬰を輩出。

小説は26代目の景候(老齢)の時代から始まり、後に斉候の位を奪う太公・田和の祖先・田乞(釐子)、田常(成子)を中心に展開。

※田成子の諱は本来「恒」であるが、史記では同名の漢武帝の諱を避け「常」に作る。本書でもこれを採用している。

物語では田乞は深慮遠謀の人に描かれ、著名な「大きな枡で貸し付け、小さな枡で回収」「晋の中行氏に穀物を援助」など経済力をもって成り上がっていく。

悼公・陽生の没後の混乱を収め、その子である簡公・壬を擁立、上級大臣たる卿の身分を得て筆頭大臣として簡公・壬の信任を得る。

同時に、持ち前の経済力に加えて晋から亡命した元六卿の中行寅、范吉射の軍を私兵として養い、兵力をも併せ持つ。

簡公・壬は擁立の過程で反抗的だった鮑牧に辛く当たり、これが元で殺される。
遠謀の士・田乞は、鮑牧を気の毒がる息子の田常を諌め政界遊泳を語る。
「候が鮑牧に辛く当たっているうちは、他の者に害が及ぶことはない。また静観していても鮑牧の恨みが向く先は候であって我らではない」

その子である平公・驁が跡を継ぎ、田乞没後の田常が卿となるが今度は平公が田常に辛くあたる。

 

■晋

周成王の弟、唐叔虞か始祖。
24代の文公重耳が斉桓公に継いで覇者となるも、28代景公による対楚敗戦、その子29代厲公の殺害により公室の力は低下、大夫たちの権力バランスの上に乗る構図となった。

物語は35代出公 ・鑿の時代から。
晋国内は各氏族の争いを経て、范氏・智氏・中行氏・趙氏・韓氏・魏氏の六卿が実権を握る。

趙無恤(襄子)を主役に進行。

父・趙鞅が勢力の拡大を狙って国外と交際していることを嗅ぎつけた有力卿の中行氏・范氏が謀反を騒ぎ立て趙氏を攻めると、智謀により晋公を味方につけ、逆に中行氏・范氏を追放させる。

この後、中行氏・范氏の元領地を智氏・趙氏・韓氏・魏氏の四氏で山分けにしたところ出公は怒り、他国の救援を頼んで四氏を討とうとするも敗北、亡命途中に没する。ここにおいて公室の求心力はさらに低下する。

最も勢力の大きかった智氏は、理由をつけて他の三氏に領地の割譲を求めるなどやりたい放題。三氏とも時機を待って割譲に応じつつけるが、ついに智氏は韓氏・魏氏を引き連れて、趙氏の本拠を囲み水攻めを実行、滅ぼそうとした。

趙氏は春秋時代の虞公の故事を引き 「唇亡びて歯寒し」と、韓氏・魏氏に利害を説き、返って連合して智氏を討ちその領地を三分し、ほぼ独立大名となった。

智氏がとにかく勢力を笠にきた意地の悪いと描かれており、最後の場面では怒り心頭の趙無恤がその頭骨を漆塗りの盃にして一族で回し飲みする様子が描かれる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
モチ好きな祖父に名付けられた本名です。

手ぶら通勤おじさん

SFと古典
ポケモン&ガンプラ


2017.10 ガンプラに目覚める。ミニマリスト廃業。
2017.5  ミニマリストに目覚める。
2004〜プリストンテールやってました。2009がピーク。

ガンプラ・ゲーム垢 https://twitter.com/moccinag
まじめ垢 https://twitter.com/mocciom
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。