スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真山知幸『大富豪破天荒伝説Best100』(東京書籍、2014)

なんともお下品なタイトルですが、専業のライターさんが程よくまとめた大富豪エピソード集といった趣で、有名どころのカーネギーやモルガン、ロスチャイルドに留まらず、ギリシャの富豪オナシス、紀元前中国で始皇帝をバックアップした呂不韋やマリ王国のマンサ・ムーサなど幅広に取り上げていて愉快です。

破天荒、ということで豪華宮殿やバラマキ浪費の話ばかりかと思いきやさにあらず。逆方向の超どケチエピソードも出ております。
"ウォール街の魔女"ヘティ・グリーン、そして井原西鶴の皮肉。永代蔵の教えは年100万円で暮らす高等遊民のオジサンの著作に通じるものがあります。物欲にとらわれたあわれな人々に接するたびに、これらのエピソードが頭をよぎります。


【本文より】

◯うなるほど金があったヘティだが、彼女は贅沢をするどころか、20年間にわたって同じ黒いドレスを着用。ドレスの下には、男物の下着を付けて、さらに保温のために新聞紙を詰め込んでいたというから、オシャレどころの話ではない。手袋は破けて指が飛び出し、マフラーも20年以上前のものを使い続けた。長靴を履いていたのも、耐久性を第一に考えたからである。
住居はマンハッタン、ブルックリン、ニュージャージーと転々としたが、いずれも安宿で週5ドル以下に必ず抑えた。
(中略)もちろん、美食にこだわることもなかった。安いレストランのなかの安いメニューを選ぶのが、ヘティの習慣である。ボストンの薄汚い食堂がお気に入りだったという。

◯(著者コラム、井原西鶴『日本永代蔵』より「毒断ちの教え」を取り上げて)
「食事ごとに飲酒することはもちろんのこと、タバコを吸ったり、目的もなしに京へ行ったりしてはならぬ」
「家業に関係もないのに小細工品や刀の目貫を工芸品として蒐集してはならぬ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。