スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田鏡村『禅のことば100』(三修社、2003)

歴史宗教研究家を名乗り多数の仏教本、武将本を手掛ける著者による禅語解説集。「一期一会」「唯我独尊」などの広く知られるものから公案系のものまで幅広く採録されています。

書名と著者の経歴があやしいのですが、ポイントは内容です。

網羅的に見るには十分、とはいえあっさり風味なのでもっと読みたい場合には講談社学術文庫などで各宗派のものを読むのがよさそうです。


【本文より】

◯(薩摩の”人斬り半次郎”桐野利明が京都相国寺の独園承珠を訪ねて)
「三千世界の鴉を殺し、主と朝寝がしてみたい」
と当時、流行っていた歌をもって自分の心境を示しました。この世のすべての煩わしいものを殺して、誰にも邪魔されずに馴染んだ女とゆっくり朝寝してみたい、というものです。これに対して独園は、
「桐野さん、そんなことでは天下は取れぬ。わしなら、こう詠む」
といって、
「三千世界の鴉とともに、主と朝寝がしてみたい」
桐野のように鴉が邪魔だといって、殺してはいけません。邪魔なものでも殺さずに活かして、共に生きることです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

望月もちお

Author:望月もちお
インドア派です。
本棚 http://booklog.jp/users/mocciom

もちお家TW
Twitterより
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。